海外製のペニス増大サプリを輸入代行で買うのは危険?その理由を解説します

輸入代行

海外製のペニス増大サプリで、日本に正式流通していないペニス増大サプリを買うには個人で海外の販売サイトから直接購入するか、輸入代行業者に自分の代わりに注文してもらうしかありません。

この内、海外のサイトから個人で直接注文して輸入できるという方であれば注文しても問題ないかと思います。
しかし、英語や外国語が読めない人が輸入代行を使って海外のペニス増大サプリを購入するのは非常に危険です。

その理由を解説します。

輸入代行の仕組み

輸入代行とは、注文する人の代わりに海外の販売者に商品を注文するサービスです。

注文する人Aが輸入代行サイトBにある海外製のペニス増大サプリを注文します。
このとき、注文の入ったペニス増大サプリをAに販売するのはBではありません。
BはAの情報を元に海外のペニス増大サプリ販売者に商品の注文をします。
CにはAの情報(名前や送り先の住所、連絡先など)が渡されます。
そのAの情報を元にCはAに向けて直接商品を発送します。
つまり、このとき直接契約を結んでいるのはAとCになります。
BはAの代わりにCに注文をしただけになります。

輸入代行の図解

海外製のペニス増大サプリを輸入代行で購入するのは危険

海外製のペニス増大サプリを輸入代行を利用して購入するのは非常に危険です。

上記の解説を読んでピンと来た方もいるかもしれませんが、輸入代行をする人は商品を直接販売しているわけではありません。
つまり、商品を摂取し、商品が原因で体調を崩したとしてもその責任をとってもらうことはできないのです。

例えば、有名なペニス増大サプリにプライムモンスターという商品があります。
日本でも公式サイトが作られており、一見するとプライムモンスターの公式販売サイトのように見えますが、プライムモンスターの公式販売サイトではなく、公式に輸入代行を受け付けているサイトです。

プライムモンスターの日本版公式サイト

その証拠にプライムモンスターの公式サイトの免責事項には『製品の輸入代行を行うものとし、製品の使用による健康被害などに対する責任は負わない』と記載があります。

しかし、海外製のペニス増大サプリには医薬品成分や医薬品成分に似た成分、日本では体への影響があると考えられている成分が配合されていることが多々あります。
プライムモンスターに配合されているホーニーゴートウィード(インヨウカク)もそれらにあたります。

このような危険な成分が配合されているにも関わらず、もし体調を崩したら自ら販売元に問い合わせてやり取りをしなければなりません。
相手は海外です。
言葉の壁や時間の壁などたくさん存在します。

このようなことがあるので海外製のペニス増大サプリを輸入代行を通じて購入するのは危険なのです。

なぜ海外製のペニス増大サプリは輸入代行がメインなのか?

そもそも、海外製のペニス増大サプリはなぜ輸入代行がメインなのでしょうか。
プライムモンスターなどは日本に正式に輸入して販売すればいいのではないでしょうか。

なぜそうしないのか?
その理由はたったひとつ。
しないのではなく、できないからです。

海外製のサプリメントを日本に輸入して国内販売するには成分などの審査を通過しなければなりません。
その時、日本国内で医薬品成分として指定されていたり、サプリメントに配合してはいけない成分が配合されていたら日本国内でサプリメントとして販売することはできません。

しかし、個人が個人での利用を目的に輸入するのであれば、海外製の医薬品やサプリメントなど輸入するのは合法とされており審査もありません。

目的 審査の有無 購入の可否
日本に輸入して販売 審査が必要 販売できない
個人が自分自身での使用を目的に輸入 審査は無し 購入は合法

つまり、日本ではサプリメントとして流通させることができない危険な成分が入っているから、輸入代行というテイをとり、あくまで個人の購入という形で販売しているというわけです。

ペニス増大サプリは日本国内で製造・販売されているものを選ぼう

ここまで輸入代行を利用して海外製のペニス増大サプリを購入するのは危険だということをお伝えしてきました。

では、ペニス増大サプリを選ぶときにどうしたらいいのか?

それはシンプルに日本国内で製造・販売されているペニス増大サプリを選べばいいだけです。

日本国内で製造しているペニス増大サプリは基本的に公式サイトに日本国内で製造していることを記載しています。
それらを確認すれば安全なペニス増大サプリなのか、それとも危険なペニス増大サプリなのかを簡単に見分けることができます。

ペニス増大サプリを選ぶときの参考にしてみてください。