ギムロットαの評価は高い?販売元が同じペニブーストプレミアムとスペックを比較検証!

ギムロットαはペニブーストプレミアムを販売している株式会社AILLが販売しているペニス増大サプリです。
スペックを比較した場合、成分数は圧倒的にペニブーストプレミアムの方が上ですが価格には大きな差がありません。
同じ会社から購入するのであれば、スペックが良い方を購入する方がいいですよね。
ギムロットαのスペックを調査し、ペニブーストプレミアムと比較を行い、口コミなど評価も調査してみました。

ギムロットαとは?

ギムロットαは2017年に販売開始されたペニス増大サプリです。
それまでギムリスとして販売されていたペニス増大サプリをバージョンアップしたのがギムロットαです。
ギムロットαの販売元である株式会社AILLはペニトリンを2017年~2018年の間にペニブーストにバージョンアップして販売開始。
そして2019年には更にバージョンアップしたペニブーストプレミアムを販売開始しています。
しかし、ギムロットαは2017年に登場して以降一度もバージョンアップがなされておらず、当時のスペックのまま販売されています。

また、ペニブーストシリーズはアメリカやアジアにて累計140万個突破している人気商品のようですが、ギムロットαは海外で販売されていないようです。

こういった点を比較してみると、ペニブーストシリーズは人気があるから優遇されていて、ギムロットαは人気がないのかという印象になりますね。

ギムロットαの成分の効果や特徴

配合成分一覧
クラボワスカ濃縮エキス末 ウアナルポマチョ L-アルギニン
L-シトルリン濃縮エキス末 ムイラプアマ(樹皮) 亜鉛含有酵母
ヒハツ 金時生姜 ビタミンC
トンカットアリ マカ ナイアシン
スッポン マムシ ビタミンE
オタネニンジン パントテン酸カルシウム サソリ
無臭ニンニク ウミヘビ
ビタミンB2 ビタミンB1 ビタミンB6
パフィアエキス末 ガラナエキス末 ビタミンA
馬の心臓 葉酸 ビタミンD
ビタミンB12 ゼラチン ステアリン酸カルシウム

ギムロットαには33種類の成分が配合されています。
発売当時(2017年頃)のスペックとしては良い方ですが、2020年現在のスペックとしては少ない~普通ぐらいと言えます。

一方で、同社が販売しているペニブーストシリーズの成分数はペニブーストは11種類、ペニブーストプレミアムにリニューアルして82種類となっています。
発売当時はギムロットαの3分の1程度の成分数だったペニブーストですが、バージョンアップすることでギムロットαの倍以上になっています。

成分数においては、ギムロットαよりもペニブーストプレミアムの方が優れています。

ギムロットα ペニブースト ペニブースト
プレミアム
発売時期 2017年 2018年 2019年
成分数 33種類 11種類 82種類

ギムロットαの成分配合量

ギムロットαに配合されている成分のうち、配合量が公表されているのはシトルリンとクラボワスカの2種類です。
1粒あたりの配合量はシトルリンが780mg相当クラボワスカが980mg相当となっています。
相当というのはシトルリンは100倍濃縮のシトルリン、クラボワスカは4倍濃縮のクラボワスカを採用しているからです。
ギムロットαの1日の推奨摂取量は2粒なので、シトルリンは1,560mg相当、クラボワスカは1,960mg相当摂取できます。

シトルリンの摂取量はペニス増大サプリの中でも多い方で、この点は評価できます。
ですが、アルギニンや亜鉛などの配合量が公開されていないのは残念です。

配合量においてもペニブーストとペニブーストプレミアムと比較してみましょう。
ペニブーストでは、1日のシトルリン摂取量が1,560mg相当、アルギニン摂取量が520mg相当、トンカットアリ摂取量が300mg相当となっています。
シトルリンの摂取量は同じという結果になっています。
ペニブーストプレミアムでは、1日のシトルリン摂取量が2,000mg相当、アルギニン摂取量が600mg、トンカットアリ摂取量が2,000mg相当となっています。
ペニス増大サプリの中ではかなり多い部類でハイスペックと呼ぶにふさわしい配合量となっています。

配合量を比べてみてもギムロットαよりペニブーストプレミアムの方が優れていますね。

ギムロットα ペニブースト ペニブースト
プレミアム
発売時期 2017年 2018年 2019年
シトルリン摂取量
(1日あたり)
1,560mg相当 1,560mg相当 2,000mg相当
アルギニン摂取量
(1日あたり)
非公開 520mg相当 600mg

ギムロットαのシトルリンについて

ギムロットαにもペニス増大サプリの必須成分であるシトルリンが配合されています。
配合されているシトルリンは100倍濃縮されたシトルリンです。
ギムロットα1粒にシトルリンは780mg相当配合されていますが、100倍濃縮なので量としては7.8mgとなっています。
780mgの量を7.8mgに抑えることによって他の成分を多く配合できるようになっています。
非常に評価できる点ですね。

ギムロットαのクラボワスカについて

ギムロットαが配合量を公開しているほど自信を持っている成分のクラボワスカ。
あまり聞き慣れない単語ですが、これは南米に植生しているツル状の植物のことです。
クラボワスカは古来から男性・女性に問わず媚薬として使われてきた歴史があります。
また、男性の性機能改善薬としても使われていたようです。

これらに関する詳細な研究結果はないようですが、ティナンティナという天然由来の有機化合物ユーゲノルというタンニン酸エッセンシャルオイルが発見されています。
これらの成分に性感を高めたり、催淫効果があると言われています。

ペニス増大サプリに配合されていることは非常に珍しいですが、作用が非常に期待できる成分です。

ギムロットαの評価や口コミ

ここではギムロットαのAmazon商品ページの口コミをいくつか紹介します。

1ヶ月間、毎日夜寝る前に飲んでみました。 硬さ、勃ちやすさ→全く変化なしでした。 大きさ→変化なし。 1ヶ月では効果が得られないのかもしれませんが、効果が得られないまま数ヶ月間月1万円払うのは自分には無理です。

引用元:何とも言えない(Amazon商品ページレビュー)

自分の場合にはあまり効果が無かったと思われます。

引用元:考えて購入して使用した方が。(Amazon商品ページレビュー)

飲んだ翌日から、胃に激痛、翌朝大量の下血。症状が改善後にもう一度試したら、同じく大量下血に胃痛。もう少しで緊急入院。来週精密検査です。本当に沢山の方が何事なく服用しているのでしょうか?シトルリン、アルギニン系の方が安全に使えて効果もあります。返品や返金、他の商品に交換もして貰えません。

引用元:私には無理。(Amazon商品ページレビュー)

ギムロットαは2017年頃に販売開始されましたが、アマゾンの評価は11個しか存在していません。
効果を感じている人が多ければもっと書き込みが多いはずですし、効果を感じなかったという人のマイナス評価ももっと存在するはずです。
この11件という数字は、ギムロットαを使用している人が少ない=ギムロットαは人気がないということに繋がりそうですね。

ギムロットαのサービス

ギムロットαの公式サイトに設けられているサービスは以下の3つです。

  • 45日間返金保証
  • 営業所止め
  • プライバシー梱包

支払い方法は以下の4つになります。

  • クレジットカード決済
  • アマゾンペイ
  • 代金引換
  • 後払い

基本的なところは抑えられている印象です。

ただ、1点惜しいところがあるとすれば45日間の返金保証です。
ペニス増大サプリをしっかりと試すには45日間は短すぎます。
最低でも90日間、できれば無期限がいいですね。

ギムロットαのまとめ

ここまでギムロットαについて解説してきました。

成分数や配合量はギムロットα販売元の株式会社AILLの別商品であるペニブーストプレミアムに大きく劣ります。
発売当社はスペックの高いペニス増大サプリだったのかもしれませんが、2020年現在では少し古めのペニス増大サプリという印象です。
ただ、ペニブーストプレミアムはハイスペックでかなり信頼できるペニス増大サプリなので、そこと同じ販売元ということは安心して摂取できるペニス増大サプリであるとも言えます。
ギムロットαを購入する場合は、まずペニブーストプレミアムや他の高ランクペニス増大サプリを試してからが得策だと思います。

ギムロットαの基本情報

評価 0冠
価格 1箱 11,980円
2箱 23,000円
3箱 33,980円
5箱 52,980円
1日の摂取量 2粒
1日あたりのシトルリン摂取量 1,560mg
1日あたりのアルギニン摂取量 不明
1日あたりの亜鉛摂取量 不明
成分数 33種類
サービス 45日間返金保証、営業所止め、プライバシー梱包
販売元 株式会社AILL